知ってほしいアルコールの害

飲酒運転の罰則と アルコールチェックの義務化

飲酒運転の厳罰化

酒酔い運転、酒気帯び運転の罰則

道路交通法 65条|酒気帯び運転等の禁止

第一項:何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。

ここで言う「車両等」には、自転車等の軽車両も含まれているので、自転車でも飲酒運転をすれば違法となります。罰則は以下のとおりです。

酒酔い運転 酒気帯び運転 ※1 酒気帯び運転 ※2
5年以下の懲役
または
100万円以下の罰金
3年以下の懲役
または
50万円以下の罰金
3年以下の懲役
または
50万円以下の罰金
違反点数:35点 違反点数25点 違反点数15点

※1 アルコール濃度検出量0.25mg以上時 ※2 アルコール濃度検出量0.15mg以上0.25mg未満時

酒酔い運転とは?

アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態

運転者以外の周囲の責任についての処罰

第二項
何人も、酒気を帯びている者で、前項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがあるものに対し、車両等を提供してはならない。
第三項
何人も、第1項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがある者に対し、酒類を提供し、又は飲酒をすすめてはならない。

車両提供者、酒類の提供者、同乗者にも同程度の罪と罰金が課される非常に厳しいものとなっており、今までに運転免許が取消処分になった事例もあります。

車両提供者への罰則

運転者が酒酔い運転の場合       5年以下の懲役または100万円以下の罰金
運転者が酒気帯び運転の場合    3年以下の懲役または50万円以下の罰金

酒類の提供・車両への同乗への罰則

運転者が酒酔い運転の場合       3年以下の懲役または50万円以下の罰金
運転者が酒気帯び運転の場合    2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

アルコールチェックの義務化

平成23年(2011年)5月1日より、事業用自動車の運転者の飲酒運転を根絶するため、運送事業者が運転者の酒気帯びの有無を確認する際にアルコール検知器を使用すること等が義務化されました。
これは個人タクシーや軽貨物運送業者等も対象となっています。使用義務を怠ると厳しい行政処分が課されることとなります。

アルコールチェッカーついて

過量飲酒をした日はアルコールの分解がしきれておらず、翌日、かなりの量のアルコールが体内に残っている可能性がおおいにあります。飲酒運転の防止はもちろん、自分の適性飲酒量を知るためにも家庭に1台あるといいでしょう。

アルコールチェッカーの検知方法

現在販売されているアルコール検知器の検知方式は、主に半導体式センサー、電気化学センサー(燃料電池式センサー)の2種類で、それぞれにメリット、デメリットがあります。

半導体式センサー    アルコール等の還元性ガスと酸化スズ半導体の抵抗値間の変化で測定

メリット
価格が安く、手に入れやすい。
デメリット
検知性能が劣化しやすく、早めのセンサー交換、又は買い替えが必要。
他の成分でも反応(誤検知)するため、製造メーカーによる精度が重要となる。

燃料電池式センサー    アルコール分子が白金触媒に酸化されたときに生じる電気エネルギーの変化で測定

メリット
他の成分の干渉が少なく、正確にアルコールを検知できる。
定期的なメンテナンス(校正)をすれば、長期間使うことが出来る。
デメリット
価格が高め。
ランニングコストも掛かる。

詳しくは次のページアルコール濃度の測定方式と設置方法をご覧ください。

スポンサード・リンク

AdSense

AdSense